国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本 83%以上節約 交換無料 岐阜 山崎 一糀 吟醸3本 抹茶1本

国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本(岐阜) 山崎 一糀(吟醸3本 抹茶1本)

国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本 83%以上節約 岐阜 山崎 一糀 吟醸3本 抹茶1本 3989円,国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット,/confederatize392933.html,山崎,www.greenharghita.ro,食品 , お酒 , ワイン , セット,奥飛騨甘酒4本(岐阜),一糀(吟醸3本,抹茶1本) 3989円 国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本(岐阜) 山崎 一糀(吟醸3本 抹茶1本) 食品 お酒 ワイン セット 国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本 83%以上節約 岐阜 山崎 一糀 吟醸3本 抹茶1本 3989円,国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット,/confederatize392933.html,山崎,www.greenharghita.ro,食品 , お酒 , ワイン , セット,奥飛騨甘酒4本(岐阜),一糀(吟醸3本,抹茶1本) 3989円 国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本(岐阜) 山崎 一糀(吟醸3本 抹茶1本) 食品 お酒 ワイン セット

3989円

国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本(岐阜) 山崎 一糀(吟醸3本 抹茶1本)






酒米「夢吟香(ゆめぎんが)」を使用(愛知県のオリジナル酒造好適米品種)
バラエティ国産ノンアルコール豪華甘酒8本セット(山崎 一糀【吟醸・抹茶・古代米500ml×3本】(愛知県)国菊あまざけ、黒米、発芽玄米900ml×3本(福岡県)奥飛騨甘酒500ml(岐阜県)国盛酒蔵のあまざけ500ml(愛知県))計8本
■一糀。ノンアルコール甘酒 抹茶入り 500g×1
一糀。ノンアルコール甘酒【抹茶入り】 について
「甘酒」は夏の季語で、江戸時代には夏バテを防ぐために飲まれていました。本品は、麹造りから蔵元に代々伝わる製法で造られております。砂糖を使用しておりませんので、さっぱりとした甘みに仕上がっております。抹茶の香りと苦味が加わり心地よい味わいに仕上がりました。
アルコール分/0.00%
原材料名/米こうじ(愛知県産米)、抹茶(愛知県産)、ビタミンC
精米歩合/70%

■一糀。ノンアルコール吟醸甘酒 500g×1
「甘酒」は夏の季語で、江戸時代には夏バテを防ぐために飲まれていました。甘酒の甘み主成分はブドウ糖。他にもビタミン類や必須アミノ酸が含まれ、『飲む点滴』とも呼ばれています。
吟醸麹を全量使用した本品は、、日本酒造りの極みである吟醸酒造りの技を甘酒造りに生かした高品質の甘酒です。
軽やかな味わいが特長です。
アルコール分/0.00%
原材料名/米こうじ(愛知県産米)、ビタミンC
精米歩合/60%
原料米の品種名/愛知県産夢吟香100%

■一糀。ノンアルコール甘酒 古代米入り 500g×1
一糀。ノンアルコール甘酒【古代米入り】について
「甘酒」は夏の季語で、江戸時代には夏バテを防ぐために飲まれていました。本品は、麹造りから蔵元に代々伝わる製法で造られております。砂糖を使用しておりませんので、さっぱりとした甘みに仕上がっております。古代米(赤米紫)を加えることにより旨味が増し、程よい食感をお楽しみいただけます。
古代米の苗は、天橋立 元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)から拝受しました。
アルコール分/0.00%
原材料名/米こうじ(愛知県産米)、米(愛知県産)
精米歩合/米こうじ(70%)、米(玄米)

愛知県が推進している「いいともあいち運動」シンボルマーク認定商品。
■保管方法・おいしい飲み方
冷暗所に保管してください。開栓後は冷蔵庫に保管し、お早めにお飲みください。冷やしてお飲みください。温めても美味しくお飲みいただけます。よく振ってからお飲みください。

国産米使用ノンアルコール豪華甘酒8本セット 奥飛騨甘酒4本(岐阜) 山崎 一糀(吟醸3本 抹茶1本)

緊急お知らせサイト

本サイトは、災害等発生時など、緊急時の情報発信に特化したサイトです。
災害発生時の初動期においては、本サイトから情報を発信します。
緊急お知らせサイト

新型コロナウイルスに対する
北海道大学の対応について

  •   
  • 03月15日 21:00更新
  • 03月31日 11:30更新
  • 03月28日 18:20更新

  • 新着情報
  • お知らせ
  • 研究発表
  • イベント情報
  • 入試情報
  • 受 賞

北海道大学の卒業生による実体験や生の声をお伝えします

more

北海道大学の今をお届けします

more